Blackstar ID:Core Stereo 20 というギターアンプのフットスイッチFS-11を自作してみました。この考え方にしたがえば、Blackstar以外のアンプにも使えるフットスイッチが作れるはずなので、ご参考にどうぞ。

ID:Core 20とは


5インチスピーカー2発が載った20Wのデジタルギターアンプです。
20Wといえど、音量も充分出るので小規模な会場でのライブくらいなら使えちゃいます。以前、会社の忘年会をホテルでやった際にID:Core Stereo 20を使ったのですが、フツーに使えました。



そしてまたもや結婚式という宗教行事でギターを弾かされるハメになったので、今回もこのアンプを使おうと目論んでいます。

このID:Core Stereo 20は、6チャンネル+多彩な空間系エフェクト搭載という仕様で、どの音色も大変使い勝手が良いのでこれ1台あればもうあとは何も要りません!、、と言いたいところですが、アンプだけでは演奏中の音色切替が難しいのでライブで使うならフットスイッチを準備しましょう

ところが、この純正フットスイッチFS-11は定価5,000円(税抜)と高価なうえ、なかなか楽器屋で売っていません。


貧乏で引きこもりな私は色々考えた結果、FS-11の外見と仕様から、どうせON/OFFスイッチを並べただけのパッシブ回路だろうとタカを括って自作を決意しました。

リバースエンジニアリング


まず、FS-11の写真を見てみると、ギターに刺すコネクタがステレオ標準プラグであることがわかります。
IDCOREFS11-large


また、2チャンネルの切替や、エフェクトのON/OFF切替ができることから、こりゃオルタネイトスイッチだなと当たりを付けました。
また、フットスイッチには電源が無いですし、LEDも付いていないことからパッシブ回路の可能性大です。

以上の情報から、ステレオプラグの3つの信号線をテキトーに導通させれば動く!!と思い込み、これなら私にもできそう!とやる気を出します。


それでは実験。

アンプのフットスイッチ端子にステレオ標準プラグを突っ込みます。
DSC01173

プラグの信号端子をむき出しにして電圧チェック。予想通り、大きな電圧はかかっていません。
次に、ワニ口クリップで各端子同士を導通させていきます。
DSC01176


結果
①GNDとLchを導通させている間だけ、アンプのチャンネルが切り替わりました。
②GNDとRchを導通させている間だけ、エフェクトのON/OFFが切り替わりました。
③LchとRchを導通させても何も起きませんでした。

なるほど、オルタネイトスイッチを2個用意して、L/RをそれぞれGND/解放に切れかえれば良いわけですね。

スイッチの設計


それでは設計しましょう。自作ってココが1番楽しいですよね。

基本的には本家FS-11と同じスペックで横並びのフットスイッチ2個という構成ですが、足元でON/OFFが分かるようにLEDを付けます

そうなると電源が要るのですが、足元がゴチャゴチャするのは格好悪いので電池から電源を取ることにします。あと、スイッチはオルタネイトのDPDTにします。

となると、使っていないときの電力消耗を抑えるために回路自体のスイッチも必要となります。
しかし、ただのスイッチボックスにアレコレ付けるのもナンセンスなので、ボックスにケーブルを繋いでいる間だけ電源ONという仕様にします。

ということは、コネクタにスイッチ機能を持たせるためにLch, Rch, GND, ダミーの計4系統の信号線が必要となります。そこで搭乗するのが3芯のDINコネクタ先生!


と言うわけで、回路図はこんな感じになります。
IMG_20170326_152408



(おわかりとは思いますが、電池が切れてもLEDが点灯しないだけでアンプの切替はできる仕様です。)

実装


さて実装しましょう。
買ってきたのはこちらのパーツ。
DSC01183


なぜ単4電池かというと、私が使っているワイヤレスシステムが単4電池駆動なのでそれに合わせただけです。色んな種類の電池を持ち歩くのってメンドイじゃないですか、、、
皆さんには一般的な9V電池のご利用をオススメします

穴を開けて、
DSC01191


部品を付けて、
DSC01192


配線して、
DSC01196


ケーブル作って、
IMG_20170326_153124


完成!!!
DSC01198
DSC01202


動作確認


アンプに繋いでみましょう。
DSC01200


LEDの点灯/消灯ヨシ!
アンプチャンネルの切替ヨシ!
コネクタ取り外し時のLED消灯ヨシ!
スイッチングノイズ無し!
筐体の強度、、、チョット心配なのでそのうち補強します。

これで来たる宗教行事も乗り越えられそうです。

それでは、良い宗教ライフを!!
武徳智天居士